最近のトラックバック

« 夏の日の田子の浦港・壱 | トップページ | 旅の思い出 »

2011年7月31日 (日)

夏の日の田子の浦港・弐

    Img_0809 Img_0811

    Img_0814 Img_0816

    Img_0818 Img_0822

    Img_0827 Img_0829 

此の日は多くの船と釣り人に出会えた、作業船は最近は浜の浸食が激しいと思ったら港が浅く成り土砂を取りのでいて居る港周辺にはこの様な花も咲き平穏な風景です。此の作業船はかなり多くの作業が続く事では、とにかく浅いのです、お金のかかる港で奥からは川の土砂が流れ込む。

« 夏の日の田子の浦港・壱 | トップページ | 旅の思い出 »

「富士山色々」カテゴリの記事

コメント

中腹にかかる雲がアクセントになってますね。
浚渫工事が忙しそうです。
富士山と港の風景もグッドなコラボですね。

今晩は!
今日もスカッとした夏空はありませんでした

富士山と一緒の港の風景、裾野まで見えていますね。

なるほど港に土砂も流れ込んで大きな船の寄港の邪魔になるんですね。

(;ω;) ♅  ⇘  Nasbonさん  ⇙  ♆ (p_q*)

雲の演出は最高ですね、
浚渫工事は今回は長く成ると思います。
贅沢な港です。

(;ω;) ♅  ⇘  junさん  ⇙  ♆ (p_q*)

今しばらくは富士山の姿が無い様で!、
此処からの富士山の眺めは最高ですね、
絵に成る風景ではと思います。

港湾から離れた富士山の眺めも裾野まで広がり雄大ですね!
この風景は公園からの眺めでしょうか?
浚渫工事さたばかりのようですが直ぐ土砂が溜まる港ですね。
大型船を安全に寄港させるにはお金が掛かるますよねdollar

こんばんは~
港も手間をかけてメンテナンスが必要なんですね~(@。@”

今晩は。
昔は港のそこの土砂をさらう浚渫船から富士川の河川敷までパイプで土砂を送って
いました。
それで出来たのがあのスポーツ広場のはずです。
今は浚渫した土砂は港に野積みしていますね。
タンク付近の防波堤のかさ上げの必要が有りそうですね。
地震以来その様なところに目が行ってしまいます。
このような写真から色々な事が見えてきます。貴重な写真ですね

(;ω;) ♅  ⇘  カリンさん  ⇙  ♆ (p_q*)

此処は港も入り口付近で、
灯台の近くですが上から覗くと土砂が見えます、
此処はちょっとしたシケで直ぐに土砂が投げれて来ますね、
永久的に鬼ごっこでしょうね。

(;ω;) ♅  ⇘  Angelさん  ⇙  ♆ (p_q*)

此の港のメンテナンスは半端では無いですね!!。


(;ω;) ♅  ⇘  富士のマクさん  ⇙  ♆ (p_q*)

その様ですね、
たしか旭化成も埋め立てはパイプラインで行って居ました、
浚渫した土砂は今は埋め立てする場所が無い様ですね、
海沿いの土砂は良いでしょうが、
川からの土砂は製紙からの排水や、ヘドロ等が有るので、
何処へでもと言う訳に行かない様ですね、
港に積み上げた土砂を埋め立てる時は底にシートを張って埋め立てしています。
表の堤防は高いですが港側の堤防はのかさ上げの必要が有りますね。

富士裾野まで見えてきれいですね。

作業船のこと等など考えもしませんでした。
なるほどでした。

(;ω;) ♅  ⇘  すーさん  ⇙  ♆ (p_q*)

此処からの眺めは最高です、
田子の浦港は富士市の工業には大きな利益が有る事でしょうが、
経費も掛かる港でも有りますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の日の田子の浦港・壱 | トップページ | 旅の思い出 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ