最近のトラックバック

« 雨上がりの夕方の姫様 | トップページ | 何時ものポイント・朝と夕方の姫様 »

2007年12月 5日 (水)

九州の旅完結編

1a 2a_2 4a 3a 

7a 8a10a 9a

11a 12a 13a 14a

19a 15a 最終日一番目は宮崎県の高千穂峡へ上2段が高千穂峡渓谷と滝の風景です、3段目最初の写真は余り見かけない写真ではと思いますが、滝の反対側からの映像です、この渓谷は紅葉も手伝い絶景でした、3段目3枚の写真は次の観光地天の岩戸神社の神秘的な神社です、次は昼食処高森、田楽料理写真左囲炉裏で焼きながら、写真は5人前田楽味噌が美味!!、最後の写真は食事処から見る根子岳の風景、最後の観光地白川水源を散策後熊本航空へ、16:35フライト、羽田着18:45バスにて三島大社へ21:010到着後解散。

« 雨上がりの夕方の姫様 | トップページ | 何時ものポイント・朝と夕方の姫様 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

IWAちゃん今晩は
高千穂峡有名な所ですね。
渓谷の深さに写真見ていても足が震えてくるようです。
美しい物をみて、写していい旅でしたね。

きゃあ~ これはまた凄い写真ですね。
迫力があって 美しく
こんな夢のような写真を撮ってみたいも
のです(^-^*)
いいな~

こんばんは!私は滝が好きなんです。
素敵ですよね。
この場所この間江原さんがスピリチュアルな場所だと紹介していました。
IWAちゃんさんは何か感じましたか?
私も行って見たいです。

高千穂峡、絶景です。いい写真ですね。
水面に映る紅葉が最高です。
田楽がおいしそうです^^

こんばんわ!
このところ宮崎県が有名ですよね、テレビにも良く出ていました。実際行って見た感想は写真を見て納得です。高千穂峡谷は凄く高い所。美味しそう田楽料理これもテレビに出ていました羨ましい~です。

IWAちゃん、こんにちは。
高千穂峡渓谷の滝の風景は神秘的で、一度訪れたいと思うような絶景ですね(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)
天の岩戸神社もホームページを拝見しましたが、ほんとに神秘的な場所みたいですね(*^ー^*)v
九州の旅、お天気にも恵まれ素晴らしい旅行になったようで良かったですね(^^♪
テンプレート、可愛いものに替えましたね!

こんにちわ。
九州の旅 お疲れ様でした。
高千穂峡や天の岩戸神社は
名前は知っていましたが、
写真を見るのは初めてです。
ベンキョウになりました。

≪√Å・kakoさん・♭♪
この渓谷はバスを降りてから、
階段を70M下りますのでかなりの谷間ですね、
帰りはみやげ物店のマイクロで駐車場迄送りで助かりですね。

≪√Å・花さん・♯♭♪
渓谷は素晴らしいですが写真は花さんの方が素晴らしいでしょう!!、
私は花さんの映像で勉強させて頂いていますので。

≪√Å・kussamamatakachanさん・♯♭♪
此処は確かに素晴らしい渓谷と滝ですが、
私は凡人ですので、江原さんの様な霊感は有りませんので、何のお召しも無く感じませんでした。

≪√Å・Nasbonさん・♯♭♪
紅葉時季でタイミング良く良い景観を楽しめました、
田楽味噌の味は今でも忘れません!、
此れも旅の思い出ですね。

≪√Å・junさん・♯♭♪
高千穂峡は山と山の谷間の渓谷ですので、
見応えは十分堪能出来ますね、
宮崎県北部にあたるようですが一躍有名に成りましたね、
東国原知事の影響は多大でたいしたものです。

≪√Å・YAちゃん・♯♭♪
高千穂峡も神秘的で素晴らしい所です、
天の岩戸神社はホ-ムページには写真がでていますが私の写真意外は撮影禁止な神秘的な所ですね。
九州は山岳部の旅でしたので、山ばかりの印象が多い旅でしたが天候にも恵まれ楽しい旅でした。

≪√Å・KOちゃん・♯♭♪
九州は私も初めての旅でしたので、
大変勉強に成りましたね、
北海道は何回か行っていますが、
九州は行く機会がなかなか無く良い旅させて頂きました。

IWAちゃん今晩は
いい時期に高千穂行かれましたね。
滝に紅葉が映え素晴らしいですね~
田楽美味しそうですね。
あっテンプレート変りましたね。
サンタさんが可愛いです。

IWAちゃん。
素晴らしい景色をありがとう。
滝の流れは神秘的ですね。
癒しにもなるし流れる音にもこころ魅かれでしょうか。不思議ですよね。
またどこか旅に出たら・・いろんな風景をよろしくね

≪√Å・せっこさん・♯♭♪
本当に良い時期に旅行出来たことが良かったです、
紅葉の時季が遅れたのがラッキーで、
この様な事も旅の楽しみですね、
田楽は味噌が素晴らしく美味しかった良い思い出です。

≪√Å・スー様・♯♭♪
高千穂峡は本当に神秘的な所でした、
旅は新しい出会いと素晴らしい景色と、歴史等良い思い出が出来ますね、
素晴らしい景色の現場での拝見を写真に想い出を撮り心にも残ります。
来年はイタリアを予定しています。

It is great that we can get the loans and it opens up completely new possibilities.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133990/17281641

この記事へのトラックバック一覧です: 九州の旅完結編:

« 雨上がりの夕方の姫様 | トップページ | 何時ものポイント・朝と夕方の姫様 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ