最近のトラックバック

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月30日 (土)

2007への虹の架け橋

A7_3






この写真は昨日好天に恵まれましたので富士宮市白糸の滝と田貫湖へと足を伸ばし何年振りに白糸の滝へ下りてみました、其処には長野軽井沢から来たマアチュアカメラマンが居ましてお話していたら9時半から10時頃虹が出るとの事で寒い中40分話しながら待ち捉えた、滝の白糸の虹の景色です、このブログを拝見戴きました皆様へ来年への虹の架け橋と致しましてトップへと、その下二枚目から田貫湖周辺の写真です、
2段目最最後の写真は手前の木は三ツ又の木の花です、この木は和紙の原料です、後下段の写真は帰宅途中の沿道や畑からの景色、
一番下の写真は白糸の滝と富士山ですがイマイチの映像、後は音止めの滝です。
今年最後の8:00~16:30の映像でした、
今年一年お付き合い、御指導戴きまして誠に有り難う御座いました、未だ本日の逆さ富士の取って置きの写真が有りますが次回に紹介いたします、
皆様の御健康と御多幸を願いまして良き年で有ります事を祈っております。
来年も宜しく御願致します。
A6_4
A8_3
A9_2
A11_3
A10_3
A12_1
A13
A14
A2_8
          
A15_1A16_1


2006年12月28日 (木)

雨上がり爽やかな久し振りの姫様

今回は川と山と絶品姫様の全貌。
Q1_6
Q2_4 Q4_4 Q5_4 Q6_5
前日の季節外れの爆弾低気圧で各地に強風と大雨をもたらし、富士川も真っ黒な水で洪水となり不気味な感じです、この低気圧が富士山を一層美しく変貌させてくれました、感謝です!、 富士川西側定番スポットで何時もとは角度を変え山と川のコラボを撮ってみました、 下段2枚目の写真は富士川町松野の弟二東名高速の工事現場で、次は松野の富士川に渡る橋で蓬莱橋です、最後が流木避けブロックと前方の赤い道は東名高速道路を入れての写真です。
Q7_4 Q8_5 Q10_2 Q13

2006年12月26日 (火)

富士・三島・函南・田子の浦港からの富士山

最初の写真は12月25日通院日で朝行く途中定例スポット富士市内・次は三島市パサディナニュータウンより最初の写真は強風で落ち葉が舞い散る・次も同じ所からです、 下段最初の写真は函南駅より病院への道沿いより・次の2枚は函南役場展望台8階よりの映像ですが、良くご覧下さい右半分と左半分の雪の積雪量の違いが解るでしょうか、 この日も霞がかかりスッキリしません。
P1100293 X10 X9
X8 X7jpg X6
帰宅時。
X4_1
トップの写真は帰宅時富士市毘沙門天に立ち寄り本堂よりの映像、次は鏡内より富士市で元トップの製紙工場のタワーと富士山、 後の3枚は田子の浦港へ立ちより港の風景を撮ってみました。
X5 X3 X2 X1

2006年12月24日 (日)

朝・夕の姫様の変貌。
S10_2
この写真は12/21木曜会忘年会を伊豆の国市韮崎の代官屋敷へ行く時の行き返りに収めた写真です、 最初の写真は行きの写真で5分前までは雲は無かったのですが、あっと言うまの襲撃!、 後4枚の写真は帰宅時時間も夕沈みで定番スポット沼川周辺での映像です、 雲に覆われていたのですがこの時雲が遠慮してくれましたね、チョット幻想的な写真では。
S17 S16 6_3 K1
この写真は12/23朝の散歩時の自宅周辺の在るがままの写真です、 最近の好天で姫様の化粧も少し乱れて来ました、 自然界の美は変えがたいものでしょう。
T1 T2_1
T3_1 T4_1

2006年12月22日 (金)

防波堤上より各プラント等の風景と富士山

この写真は12/20の富士市三四軒屋防波堤周辺映像です。
S1_3
A3_5 S2_5 A2_7 S4_2
トップの写真と上段3枚の写真は防波堤上からの富士山と風景です、 4枚目の写真は生コンプラントと富士山・下段1枚目の写真はアスファルトプラントと富士山です・次は砂利プラントと富士山、3・4枚目は浜辺のテトロポットと富士山ツーショットです、一番最後がこの日の朝の空模様!。
S5_3 S7_2 A1_7 S8_1
A4_6


2006年12月20日 (水)

道をテーマに富士山の風景

6_2
左側最初の写真は新富士駅より東名高速取り付け道路の蓼原高架橋上道路中央分離帯に渡り、命がけの写真です、 後の写真は何時もの散歩道の富士川堤防上の夕方の写真で、一枚だけ河川敷よりの写真が有ります、 この写真は12/18日の写真です。
1_4
2_2 3_1
4_1 5_2

2006年12月18日 (月)

久振りの姫様全貌

最初の3枚の写真は12/16の写真で1枚目は午前中冠だけの、2枚目は夕方曇り空のなかに全貌を魅せてくれた姫様を定番の河川敷で少年サッカーの試合風景と富士山、3枚目は夕暮れ時の姫様、 4枚目からは17日の写真です、会の定例会で沼津へ行った帰り道雲を押しのけて顔見せしてくれた姫様を定番スポットへ車を走らせ、角度変えながら新幹線を入れながら写しました。
S3_2 S2_4 S11_3 S4_3
S8_2 S6_4 S5_4 S10_3

2006年12月15日 (金)

中央公園秋薔薇雨上がりの富士山

富士市市役所屋上からの富士山。
W1_6
昨日市役所へ墓苑手続きに行く途中中央公園に立ち寄り、 昼前雨があり富士山は雲に拒まれていたが、公園内の景色と、秋薔薇を収めて観ました、 市役所手続き終了後屋上へ行き雲も大夫遠のき傘雲の富士山を写してみました。。
W2_5 W3_5 W5_4 W4_3
雨上がりの公園内の秋薔薇が咲き誇っていたので、雫が溜まっては居たが写真に収めてみました、 薔薇の花は富士市の花に指定されていますので手入れも行き届き整備され市民の目の保養に成っております。
W7_4 W8_3 W9_3 W10_2
W11_2 W14_3 W13_3 W16_2

2006年12月14日 (木)

景勝由比薩埵峠からの映像

天下の景勝由比浜沿いの景勝地。
A5_5
A11_1 A12 A1_6 A10_2
トップ写真は景勝由比浜JR東海道線国道一号線東名高速道路の交わる交差さ点です、 中段の2枚は12/12早朝河川敷の雨前の富士山に大きな傘雲の写真です、 次からは由比薩埵峠からの映像です、此処は由比駅からは3k興津駅からは4Kとハイカーも多い、 カメラマンも多く居た、東京から来たと言う于お父さんと話、電車の中からは富士山良く観えたのに雲に覆われてしまったと、肩を落としていた、私朝は絶景だったのに現地へ着いた雲が出てきてしまい残念、 又再チャレンジしようと少し散策何と水仙が咲き誇っていた、この山はみかん山でも有る、景勝地としては最高だ。
A7_2 A6_3 A8_2 A11_2

2006年12月12日 (火)

富士市中央公園と富士山

この写真は12/11昼前1時間ほど姫様が冠をお披露目してくれましたので、 この日は富士市が墓園の申し込みを募り、私達も申し込み、決定し現地の確認へと妻と待ち合わせの時間を利用し、 中央公園内の富士山の風景を捉えて観ました、未だ紅葉も残り雲が多かった景色ですが久振りの公園からの姫様です。
Q1_5 Q2_3 Q3_5 Q4_3
Q5_3 Q6_4 Q7_3 Q8_4
Q9_4

2006年12月10日 (日)

富士山の魅力に誘われて

今回の写真は12月7日の写真です、 この日も好天に恵まれ雁公園へ朝一出かけまして樹木と富士山をテーマに写してみました、 上段の写真は銀杏の木と姫様を組み合わせて収めて見ました、最初の写真は姫様が頭に綿帽子をかぶっていますね、 下段最初は松の木と姫様・次は桜の巨木と姫様・みかんと姫様・つつじと姫様・最後の写真は桜並木と姫様でした。
R1_1 R2_1 R3_1 R4_2
R6 R7_1 R8_1 R5
R9_1

2006年12月 9日 (土)

富士川河口富士市側・富士山風景

自然界の風景。
A15
この写真は12月6日の映像です、メンテナンスで延び延びに成りました、 今回の写真は富士川河口中州に渡り自然の中で有りのままの映像を収めて観ました、 最後の写真は川沿いの採石場からの写真です、砂漠では有りません・・・。
A16 A17 A20jpg A19
先日散歩で見かけた季節外れの田圃に咲くレンゲの花。 A23_1 A24jpg

2006年12月 7日 (木)

何十年振りの日本平へ

12/4ブロ友とカメラ片手にドライブ、何十年振りかに日本平へ天気は最高、でも富士山は雲と鬼ごっこ、 出たり隠れたりで時間差で変わる、最初の2枚の写真は日本平山頂より、眺めは抜群良い景観ですね 3枚目は三保の松原海岸と次ぎは羽衣の松です。 下段最初は松林の大木の松ノ木に登った猫ちゃんこのショットを撮るのに誰かさんが猫ちゃんチーズの掛け声に爆笑、次は清水港からの映像、帰り道富士川河川敷へ寄り夕日の富士山をゲット最後は夕焼けの中の満月。
S2_2 S3 S4_1 S5_2
S6_2 S11_1 S9 S10_1
            As_6


2006年12月 3日 (日)

夕焼けに染まる姫様・JRの電車・貨車

上段の写真は昨日午前中の写真で最初の写真は富士川堤防下の散歩道の映像です、 後は河川敷よりJRの電車を撮ってみました、

下段の写真は本日昼過ぎまでは雲の中で夕方姿現してくれた姫様、
夕方富士川河川敷へ国一バイパス高架橋下のサッカーグランドより夕焼けを待ち構えてのショットです、
右端の夕焼けにセスナ機が飛んでいる風景、
このセスナ機は富士川町側河川敷の飛行場よりグライダーを引いているセスナ機です。

E14
E11
E12
E13
E1_1
E2_1
E3_1
E16
E5_1

夕暮れ時の田子の浦港

A2_5 A10_1 A5_4 A1_5
12/1夕方田子の浦港へ行ってみた、 田子の浦港は川からの土砂が流れ込み常に掘り起こしている、この日は港入り口を掘り起こしていた、 3枚目の写真が作業を終わり引き上げていく巨大なクレン船、 2枚目が夕方出航して行く小型タンカー、最後は夕暮れの作業をするタンカー、 下段最初は少しばかりの夕焼けの姫様、 後は港から観た夕焼けの風景、この夕焼けでは姫様は染まらない、自然界は読めない実に難しいですね。 最後の写真は前回の桜えびを干している風景です。
A4_5 B1_2 B2_2 B5_2
A22

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ