最近のトラックバック

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月31日 (月)

雨上がり冠スタイルの姫様自然界の悪戯

7/29朝は快晴久々の富士山全貌のお披露目、私が写真を撮り終えて帰りに振り返ると富士山に雲がかかってきた、 昼過ぎには曇り空となりPM13時20分雷が鳴り響く!、2・3分するとバケツで水を溢した様な夕立・まるで熱帯の国の様だ・1時間位で雨は上がり私は雨上がりに散歩へ出た・ 途中まで歩きふと見上げると雲の中から姫様冠スタイルで傘をかぶり微笑んで居るのでシャッターチャンス・其の足で富士川堤防定番スポットへ・冠出現からそっとお休みまでは約1時間位のお披露目。最初の写真が途中の映像。後は堤防定番スポット。
1c1a
1d1b

2006年7月29日 (土)

サマースタイル・スッピン・姫様

F1F2_1F4F5
F8

この夏初のスッピン姫様の登場
この夏初の全貌を魅せてくれた姫様は朝靄の仲に微笑みながらの登場です、今日は梅雨明けを思わせる様な晴天で爽やかな夏の朝のスタート富士山の全貌を魅せてくれたのと同時に昨日までは蝉を沢山観かけても泣き声は無く、今朝は違う蝉の大オーケストラの到来です、自然界の本格的の夏の到来を告げてくれた様です。 先ずは久し振りの姫様を紹介いたします。富士市中央公園内とロゼシアターの架け橋上より。

2006年7月27日 (木)

夏の昆虫の世界を覗き込む

N6
夏の昆虫達の季節の到来で虫達の世界が覗ける楽しみと、夏を実感出来る散歩道の楽しみは尽きない事と思います、此れからの蝉の大合唱は煩くも有り、暑苦しくも有る、夏だけの大オーケストラの出現、今年はトンボの出現が早い、梅雨明けが遅れて何時関係で昆虫の世界にも影響しているようです、昆虫の命は短く命の限り生一杯羽ばたく事でしょう。
M4
M3M5
N2M1

2006年7月22日 (土)

梅雨空の束の間の晴れ間微笑ましい光景

鳥の仲間達大空を舞う鳥の気持ち
T7
T6T4T5T8
雨上がり久し振りに散歩へと、犬も歩けば棒に当たるで私にも恵みがありました、何とカルガモ親子のパレードに出会えたラッキーな朝のスタート珍しく色々な鳥達に出会えたのです、この様な事は珍しい、鳥たちも久し振りの雨上がりで変わった行動をしていたのでしょうか、今回の大雨で各地に大きな被害を齎している、鳥も大空を舞い被害を見届けたのかの様な悲しげな光景に見える、カルガモたちも仲良く纏まり仲間意識が強い、鳥の様に大空を羽ばたきたい。
T2T3T9T12

2006年7月18日 (火)

チョットだけよ!天下の山富士山・夏の花・鷺?

      

              pen.gif (865 バイト)                   cowact2.gif (2305 バイト)

17a 17c 17b173   

172 P1040566_1 P1040569_1 17d

上段2枚と最後の○型の写真は7/15頭の写真は午前中の映像で冠を雲に覆われた写真は夕方の写真で全貌は思うようには披露してくれませんね、上段右2枚は7/16昼時の写真ですがこの後は雲の中ですね、

鳥の写真は富士川の上段2枚目の写真と同じですが鷺系でしょうか?花の写真は散歩道の夏の花々です。もう直ぐの梅雨明けを期待して・・・・

追伸

一番最初の冠の写真を良く観て下さい・右側縦に3箇所白い物が観えると思いますが、残雪ですね、雲ではありませんこの時期に下界から肉眼で確認できる事は稀ですね、6月の積雪の影響かもしてません。

      

2006年7月15日 (土)

昨日は3度もの正直でやっとめぐり合えた姫様

Bf1

Af7 Af6 Af2 Af3

Af1 Af8 Af5 Af4

P1040512 Y2 P1040527Y3

昨日は何と無く胸騒ぎがし富士山が私を呼んでいるかの錯覚を感じ、何度と無く雲の彼方を見上げていたのですが、夕方日没の中に薄らとシルエットが有るのに気付きカメラ片手に富士川定番スポットへ夕暮れに合わすかのように姿が浮かび上がりシャッターON,今度は堤防に上がり夕焼けが冠を照らし、幻想的な雲と姫様感激の一瞬でした。夕焼けも久し振りにUPします。

動画練習編新幹線と富士山・花々

「fujisan-hana.wmv」をダウンロード

2006年7月13日 (木)

メンテナンス終わりました。久し振りの姫様と花々です

7/9夕方雲の谷間から少し魅せてくれた束の間の姫様
F2
A4A6A5A2
メンテナンス終了お疲れ様でした、今度は比較的スムーズに成りましたね、最初の2枚の写真は以前と同じ友人より頂いたもぎ立て新鮮野菜で外手も美味でしたご馳走様でした、隣のスイカの写真は散歩途中の畑で栽培しているスイカで美味しそうですね、ひまわりの林近所の人が手入れで丹精込めた成果です、後の写真は散歩道沿いの華麗な草花達です。
A1A3_1A7A9

2006年7月 8日 (土)

重要 文化財 江川邸 史跡 韮山役所跡

A_3 B_1 C_1 D_2

H_1 J_1 K_1 M_1

L O P1040404_1 P

温泉療養次の日、朝食時は土砂降りの雨、10時チェクアウトし出発前に雨は上がり、メンバーでも有る長岡温泉街の温泉まんじゅう紅粉屋さんでみなさんそれぞれ沢山のお土産を購入し次なる目的地江川邸へボランティアの人達の説明を受けて邸内の見学、上段の建物は300年前の物で二枚目の写真が母屋で今は屋根は銅版ぶきですが当時は茅葺でした、一番下の左二枚目は内装です、二段目は当時の鉄砲類と籠下段右端は裏門です、歴史を感じる見学をさせていただきました、ボランチィアの皆さん有り難う御座いました、この後(鉄砲鋳造のための溶鉱炉)反射炉の食事所鳴沢屋でランチを取り、そこで皆さん解散となりました。http://www.egawatei.com/江川邸ホームページです。

追伸

皆様には大変御心配をお掛け致しましたがPCが修理を終えて帰ってきました、修理代も掛かりましたがマイPCが使い易いので良かったです。有り難う御座いました。

2006年7月 4日 (火)

7月1日は富士登山山開き

   Fcow2.gif (15472 バイト)

Fuji_3

Hoteru4 Hoteru2Hoteru Hoteru1

Hana Hana5_1 Hana2_2Hana3_2   

7/1は富士山山開きですがこの映像は当日朝伊豆長岡へ行く途中の映像です、曇り空で富士山は閉ざされていたのですが、山開きと有って姫様の慢心のの念力で雲を吹き飛ばし山開きを祝うかのように薄っすらと姿を魅せてくれました、微かの姿ですが収めてみました、今年は残雪が多く富士宮口は8合目までしか登る事が出来ないとの事です、其の他の登山ルートは山頂までOKとの事でした、富士宮口が積雪は一番少ないと思っていたのですが・・・・・残雪は最高との事で自然界は分からないですね、

1日は新しいリハビリの会へ友人のお力で入れて頂きまして、この会は大阪より新しい治療法で・骨膜圧迫療法の先生に出張戴きまして診察治療を受けました、私はとても経過良好で身体の緊張が解れ楽になり良い治療を受けさせて頂きました、治療を受けたのは6人で会のメンバー21名で伊豆長岡ホテルサンバレー富士見へ温泉療養でお泊り、ディナーは料理の鉄人で陳 健中を破った中沢さんの中華創作料理でとても美味でした、このホテルは源泉が2本ありまして泉質も良く勿論源泉かけ流し、気分も最高でした、私はこの会は新人ですので控えめにしておりましたので、料理の映像も有りません残念ですが!。下の花は前日の散歩途中の花たちです。次回江川邸(史跡 韮山役所跡)をお送り致します。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ