最近のトラックバック

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月28日 (火)

富士川逆さ富士・東名高速

何と今日で3日富士山は行方不明で厚い雲の中に奪されています・そして明日も雨の予報で期待出来ません・そこで本日は旅行2日は土砂降りの雨でしたが、翌日25日は最高な小春日和に恵まれ、富士川町河川敷旧国一高架橋下より上昇し東名高速手前より、ポイントゲット逆さ富士がお観えしているではないですか・無風状態で水面が鏡のようです、竹藪からは何と今年初の鶯の鳴き声のプレゼント付です・最高の舞台ですね・

この映像は午前中のショットで、午後には雲が出現して上部しか観えていませんでした・Fujisan_1 Fujisan2 Fujisan3 最初のは中間地点です・次が逆さ富士本命、東名高速と富 士 山・最後は高架橋直ぐ下からす 、最後もFujisan1 逆さ富士縦型 。 

2006年2月26日 (日)

伊豆河津桜まつり・稲取温泉2

前日とはうって変わって、天候は最悪前夜から強風で、早朝の露天風呂は強風で駄目、でも源泉掛け流しの内風呂にどっぷり浸かり最高の気分・朝食バイキングで満腹!・11:00チェックアウトし、出発して稲取港近くで海産物ゲットし、車に戻ると雨が降り出し雨のドライブ、帰宅路は下田を抜け満開のKawazua Kawazub 一面の菜の花畑を雨の中カメラに収め、南の桜を見学、南の桜も寒さの影響で何と一ヶ月開花が遅れて居るとの事です、周辺の商売やも商売に影響しているとの事、天気も悪く花より団子と丁Kawazuc 度昼時下田~136号線妻良港街道沿いの友人の友人が経営するお洒落な食堂へ(屋号びゃくさん)さくらてんぷらそば・蕎麦に桜風味を付けピンク色の蕎麦でとても美味しく・てんぷらも山菜でこれまたいける・他に山菜のてんぷらの差し入れも有り満足でした・天気が良ければ西伊豆の景色を堪能出来たのですが・残念!!・16:00発の土肥より清水までのカーフェリーを予約してあり・時間より早く到着・土肥を少しドライブ・雨も少し小降りに日本一の花時計をカメラにKawazud Kawazue 収め・丁度時間となり港へ・車と一人分で¥4.800・乗車一人¥1:800・清水まで1時間05分の乗船です・到着後エスパレスプラザ館内で夕食は寿司を食し・帰宅路へ

2006年2月25日 (土)

伊豆河津桜まつり・稲取温泉

23日友人4人と私のマイカーでノンビリ小旅行、天気は最高小春日和、先ずはランチタイム知人の静岡県伊豆の国市中726・中華料理・華々で腹ごしらえ皆さんそれぞれ好みのオーダー私は五目かたやきそばと餃子・味は抜群保障付・経営者は元沼津駅前沼津軒の宴会料理長、腕前は県下NO1です・営業時間11:00~14:30/17:00~21:00・定休日毎週火曜日TEL055-946-4004長岡駅南東・反射炉手前ですので機会有りましたらお立ち寄り下さい・食べる事で写真撮る事を忘れました・ 目的地河津桜へ・今年は寒さの影響で開花が大分遅れているとの事です・途中の並Kawazu_1 Kawazu1_1 木もちらほら目に入って来ますが蕾はやや硬そう・観光バスは大変多いです河津桜原木は5分咲きにほころび最高に綺麗です・最初の写真は河津桜原木物語の由来・次が本家本元河津桜原木です、生で観ますと満開状態な感じですね・平日にもかかわらづ大勢の観Kawazu2 Kawazu3_1 Kawazu4 光客で賑わっております・下段最初のは川沿い堤防に咲く菜の花と桜・残念乍未だ2・3部咲きですかね・次は一番咲き誇って居る花です、場所と木により咲き方が異なっており・3枚目は並木道りですが1・2部咲きと  言うところでしょうか・花より団子と言うますが、花も最高ですよ・最後の写真は稲取Kawazu6 Kawazu5 の吊るし雛の映像です・花見見物の後は宿泊地稲取温泉へ・今回の宿泊先は今話題の伊藤園ホテルグループ・稲取伊藤園ホテル、このホテルは年間一定宿泊料金システムで・1・2名は¥7.800、3名以上は¥6.800で食事は朝夕バイキング、システム・チェクイン・チェクアウト自由・一様アウトは12:00で、その後休憩室利用し、館内施設利用は自由・新しいシステムの宿ですね・(県内の皆様はご存知の方も居られる事と思います)気楽で、自由で良いですよ・ホームページアドレスはhttp://www.itoenhotel.com/一度アクセスしてみて下さい、新しい発見があるかも知れませんよ・私達は全員満足でした・此処も写真は有りませんので、ホームページをどうぞ!・続きは次回御紹介させて頂きます!・

2006年2月22日 (水)

久し振りの富士山・春ふきのとう

昨日富士山と仲良しの雲さんが・スッポリ纏ってかくれんぼ・諦めて・夕方3:30分自宅を出て散歩へ、2.3分歩いて見上げると何と富士山が頭だけチョコント観えているではないですか・定番スポット富士川堤防へ霞掛かった姿で上半分のお披露目・約40分程の時間ですが・・・嬉しいですね、散歩する と何か良い事に、出会いますふきのとうにも、めぐり合い、畑の梅の花もほころび良い事ずくめ・・・・本日は周一の通院日、何と富士山・憂い憂いしい姿で微笑んでいるかのようです・朝靄がかかり・綺麗に雪化粧された、素晴らしい姿です・久々の222a 222c 222d 全 貌222を披露してくれました・最初の写真222bは昨日の雲の谷間から顔を魅せてくれた所です・次は堤防下の畑の梅ノ木の映像です・3枚目は今朝一番定番スポット清清しいショットです・最後は静岡県田方郡函南町、湯~とぴあ(天然温泉)からの映像です、その後又仲良し雲さんがスッポリ纏って隠れてしまいました。

2006年2月20日 (月)

富士山・春の草花・丹頂鶴?

昨日も富士山はあの美しい姿を魅せてくれませんでした・此方からは観る事が出来ませんでしたが、箱根に行った人の話では美しい姿が観えたとの事です・観る場所により異なるですね、富士市からは花嫁がベールを纏った様なかすかな姿・映像には出来ない風景だけでした・しかもほんの一瞬だけです、それから今日は雨模様・この雨が雪を齎してくれたら最高ですね・昨日富士市一級河川早川堤防沿いを散歩し、春の草花を収めてみました・最初B1   B2 B3 の映像は、名前は分かりませんが、華麗な紫の小さな花で力強く密集して咲き誇って居ました・土手の雑草の中につくしがニョキニョキ辺り一面に顔を出しています・次は下宮島の花壇に咲く菜の花に蜜を求めてミツバチが美味そうに次から次へと・犬も歩けば・・・散歩していますと思いがけない事に出会う事が只有ります・川になんと鶴が舞い降りて着ました、(多分B4 丹頂B5 鶴だと思いますが)迷子か?,一羽だけです・直ぐに飛び起って行きましたが・何処へ行くのか?・・・・最後にやはり富士山を以前の映像ですが富士川町山中からのものです。

2006年2月18日 (土)

富士山アラカルト・紅梅・白梅・猫柳

雲が意地悪していて今日まで硬い雲の扉を開口してくれません・天候はそこぞこ回復しているのですが・・・・昨日も夕刻頭を少し魅せてくれましてYAMATOさんがブログに紹介してくれましたが・私もワンショット駐車場より撮りました・前々日の雨で富士山は最高の雪化粧ですがその全貌を今日も厚い雲の中で姿を魅せてくれません・午前中頭を少し魅せてくれ・夕方又頭を魅せてくれましたが、一瞬でチャンス無し・雲の悪戯!・・今日は畑に咲く梅218 218b 218c の花紅梅と先日3部咲きだった白梅が5分咲きに・早川沿いに咲く猫柳・昨日の富士山・今日の富士山・そして以前撮218d 218e 218f りました港の富士山を紹介いたしま   す。自然界の流れは、時代が進歩しても、変えることは出来ない事でしょう・富士山も様々の姿を魅せてくれますが・それが自然界の良さでしょうか。感謝!!。

2006年2月16日 (木)

富士山アラカルト06-22

春の兆しか、天候不順に、昨日は晴れのち曇り、穏やかで小春日和、静岡ではなんと24.5度真に異常気象と言う所でしょうか・5月中旬の陽気とのことでした、夜依り予報道理雨・今日も其のまま雨続き、朝の内は陽気も暖かったのですが、昼過ぎから寒さが戻って来ましたね・もしかして富士山は雪・・・かも良い積雪を期待・・・明日が楽しみ・・・

昨日は朝一通院途中の定期ポイントですが、富士山靄がかかりぼやけています、私度では無いですが・・・帰宅時も同じ状態で状態は朝より幾分悪いで216f2 216f3 216f4 す、今回は14日の映像と昨日の朝一の映像を紹介させて頂きます・富士川橋脚上の、西側より百メートル間隔に撮って往きましたのでその中から、紹介させて頂きます、1枚目は西端より・次は300メータ位置・次は500メ216f5 216f1 216f トルポイント・下段最初は1.1km地点この流れが本流ですが一番水量の少ない時期です、全長は1.5km有ります・次は夕方テレビの映像を観て急いで堤防まで行き雨の予感の傘雲をショットしました・昼間は最高の天候でしたが夕方より雲のお出まし・最後は靄のかかった朝一ショットです、何と無く雰囲気が有ります。

2006年2月14日 (火)

富士山アラカルト・屋根上の白鷺・春梅の花

昨日・本日と真に小春日和で、陽気に誘われ散歩へ・早川より飛び立った白鷺が、屋根上で一休み・富士市森嶋公園内花壇に咲く水仙に見惚れシャッ214f 214f1 214f2 ーON、水仙も小春日和に微笑んでいるかのよ うに生き生きしてます・富士川河川敷へ川原に入りJR鉄橋下より富士山と松の木のワンショット・そのままポカポカ陽気の中、水辺迄進み鉄道マニアの方と先日お話しした時に湘南電車が間もなく廃車に成るとの事でしたので、214f3 記念にと思い214f6 214f4 士山バックに収めてみました・行きがけに河川敷の畑の中 に目を付けていた梅ノ花三部咲き位ですが・一足早い春をお届け・季節は春に一歩一歩向かって進んでいます、心も幾分浮かれ気味今日は久し振りに富士川町まで国一高架橋を散歩がつら歩いて渡り、片道約1.5KMを排気ガスを吸いながら往復しました・最後の写真は富士川町堤防上214f5 のショットです・高架橋上の写真は折をみまして紹介させて頂きます・

2006年2月12日 (日)

富士市と富士山アラカルト

昨日は暖かく穏やかな最高な日和でしたが、本日は晴れたり曇ったりで、富士山は雲の中へとかくれんぼ・最近は午後に成ると風が強く吹く為に、富士山も山頂付近は少し、私の頭に似て薄く成って来ました、少し淋しさも感じる風景です、その風により裏側の積雪は最高ですね・少し逆風よ吹いてくれと212f 212f1 212f4 願いたい心境・最初の写真は富士市宮下堤防下より、花の会所有のパンジーと田園、民家,富士山風景です・次はJR富士川鉄橋より富士市中央部の煙突風景製紙の街ですね・次は新富士駅北東の製紙工場と富212f3 212f5 士山・下段最初はお馴染み田子の浦港と工業都市港町・最後は港を出航して行く小型タンカー,その後ろのタンクはタンカーが荷揚げした、各社の石油貯蔵タンク・富士山はあらゆるものと共存して美しさを保っております。

2006年2月10日 (金)

富士山アラカルト・旧吉原宿・左富士

2日続きの日本晴れ・富士山も全快全貌を誇っています・今回は先日かかさま依りアドバイス戴きました、現・富士市依田橋・名所左富士を、紹介頂きまして、確かに210_1 以前から、バス停で左富士と言う所が有る事は知っていました21015 2105_1 が、何が左富士かが分からず・今日現地に行き、車を走らすとその場所は確かに富士山が左に観え少し前進すると右に富士山が観えてきました・引き換えし・昔その道は旧東海道吉原宿場で・現地に2104_2_1 立ち納得致し2101_3_1 まし た・    この写真を観て頂きましょう此れだけの記念碑が在ります・この 場に立ちよく理解する事が出来ました・その町に居ましても知らない事は沢山有ります・現在は景界は建  物だらけでその姿は・残念!!・最初の写真が同じ場所の映像です・次の写真は少し南へ、田子の浦港北側、JR高架橋上からの映像です。

2106_1 212f5_1 この外昨日・本日の映像が沢山有りますが時期をみまして紹介させて頂きます。

2006年2月 8日 (水)

富士山アラカルト06-18

28f 本日は3日振りの顔見せです、昨日は曇り晴れの天候で富士山の顔見せは 無く・本日は周一通院日、朝一AM7:40定番スポットでON・爽やかの幕開け、富士山も微笑んでいます・何時ものごとく帰りは・寄り道で、友達の所で交流を深め・帰りの28f1 28f2 定番スポットを少し前進し、田園と農道と電線、富士山のコラボレーション・次は赤渕川と新幹線、富士山のセットです。

2006年2月 6日 (月)

富士山・毘沙門天大祭

本日は非常に寒く朝から曇り空・現在は今にも泣きそうな空模様です・AM11:00頃は雲の中から富士山も麓が少し観え、7合目位の所まで観えたのですがシャッターチャンスが無く、昼過ぎには完全に雲の中へ消えて行ってしまいました・2月4・5・6日と日本3代だるま市・富士毘沙門天大際で・私も昨日天候も良かったのでお参りに行きまして・此処毎年行っているのですが・日曜日でも有り大変の賑わいで、込み合いましたが、写真に収め26f 26f1 てきました・最初の映像は昨日AM8:20分定番スポット河川敷からです・お昼前に毘沙門天へ行き最初の映像は・人間困った時の神頼み、26f3お身 払い毘沙門天・次はその場26f4所から26f2 厄除線香と本 26f5 堂です・本堂で参拝の後に振り向かば正面に富士山のお観え、そこでシャッターON・最後は十数店の内の一店のだるまやさんの風景・

2006年2月 4日 (土)

富士山アラカルト06-16

昨日は最高の天候でしたが・12時の時報うと同時に強風が吹き始め・富士山山頂の雪が吹雪可と飛び散っています・午前中は穏やかな日和でしたが・午後は風は強いものの天候は良し・国一富士道の駅へ、屋上に上がり強風で飛ばされそうに、踏ん張りシャッターON・その足で田子の浦港へ、何時もとポイント変え、防波堤へ強風で前に進まない、砂が顔に当たり、小さ24f 24f1 24f2 24f3_3 な目を開けていられない・我慢して何とか数十枚ゲット・最初の映像は新幹線鉄橋下、川原より・次は富士川監視用カメラと富士山を河川敷より3枚目は道の駅屋上より・4枚目は港よりの映像です。

本日は日本晴れ富士山も清々しい美を誇っております・(エッヘンドンナモダイ)ってね、昨日と今日で100ショット位収めましたが、残念乍全部紹介する24f4 24f5 ことが出来ません・最初の映像はJR東海道線富士川を渡る貨物列車と富士山川原より・最後の映像はPM12:00堤防上道路の富士市宮下踏み切り北側より・此れだけ良い天気が午後に成ると一遍雲が張り出しPM2:40には完璧にかくれんぼ・自然界の流れは早いです、昨日と今日の映像を見比べて下さい、山頂の雪の違いが解ると思います。

2006年2月 2日 (木)

富士山・雲・夕焼け06-2-2

3日ぶりの景色ですが、朝10時までは曇り空・その後徐々に晴れ間が、くもも遠ざかる、富士山は頭がチョビット観えるだけ、雲の流れは早い、PM3:00全く観えず・教室終わり少し車を走らせ、全く観えない、ものの3分自宅着目線を上に、なんと上部が顔出してるじゃあないですか・すかさず富士川河川敷へ、定番スポット・先ず堤防上より雲とのコラボレーション・堤防下より・・・・

22f 22f4 22f1_2 22f6   最初と最後は堤防上からのえいぞうです・PM5:00の同時刻の夕焼けの映像です・今日の雲は何22f5 か不22fyjpg 気味の気がします・ 富士山の雲は傘雲でしょうが・夕焼け雲はさば雲?・・。       

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ